スワンソンの亜鉛50mgの感想

サプリメントファンに人気の高いアメリカのメーカー、スワンソン。

そのスワンソンが出しているサプリメントに「亜鉛50mg」というのがあります。

日本の有名メーカーのファンケルやDHCなどが出しているメーカーが出している亜鉛は、15mg程度などの分量なので、それに比べると3~4倍の量が入っていることになります。

すさまじい量ですよね笑

それでいて、非常に金額も安くて、60粒入って1000円程度という驚異的な金額です。

一方でDHCの亜鉛は60粒438円(楽天)ということで、粒の数は同じでも亜鉛の含有量が圧倒的に少ないので、割高感がありますよね。

そうすると、やっぱりどうせだから含有量が多いほうを購入したいものです。

これだけ亜鉛が大量に入っているサプリメントだと、「それだけ亜鉛が大量に入っていれば、ものすごく効果が期待できるんじゃないか?」という期待と「そんなに大量に亜鉛を摂取して大丈夫なのか?」という心配が両方でてきますよね。

このあたりはどうなんでしょうか?

50mgも亜鉛が入ってて大丈夫なの?

まず、男性の亜鉛の摂取量がどのくらいなのかというと、こんな感じになっています。

9~13歳が8mg

14歳~18歳が11mg

19歳以上が11mg

、、、というわけで、成人男性の推奨摂取量は11mgですので、このことから考えるとスワンソンの亜鉛サプリの50mgはだいぶ過剰摂取に見えますね笑

こんなにたくさんの亜鉛が入っているサプリメントを飲んでしまって大丈夫なんでしょうか?

1日50mgも亜鉛を飲んで大丈夫なのか?

というわけで、公的機関が定めている分量からすると1カプセル50mgというのはあまりにも多すぎるように見えます。

こんなに亜鉛を飲んでしまうと、健康被害があるんじゃないか?と心配されるかもしれません。

しかし、日本の厚生労働省のほうでも実は1日50mg程度を摂取量の上限としているので、50mg程度なら許容範囲ではあります。

なので、「健康に被害があるんじゃないか?」という心配はとりあえず不要です。

ただ、50mgは一日の上限に近い水準なので、1日に2粒以上とか飲んでしまうと、明らかに過剰摂取になります。

なので、多くても1日1粒以上の摂取は控えるように気を付けたいですね。

 

空腹時に飲むとけっこう強烈な吐き気が、、、

ということで、スワンソンの50mgの亜鉛サプリはコスパもいいですし、1日1粒程度なら全然飲んで問題があるものではないのですが、1つ気を付けないといけないポイントもあります。

それが何かというと、胃に与えるダメージです。

これは亜鉛に限ったことじゃないんですが、ミネラルを空腹時に飲むと胃液と反応して胃袋に負担を与えてしまいます。

なので、空腹時にミネラルサプリを飲むとだいたい吐き気に襲われるんですが、、、この50mgのスワンソンは亜鉛の量が多いだけにけっこうやばめです笑

僕が胃が弱いせいもあるとは思いますが、50mgの亜鉛を胃の痛みと吐き気に襲われて、胃薬を飲まないといけなくなるぐらい、ひどい目にあいました。

なので、これを飲むときは必ず食事の後にしましょう。

空腹時に飲むと死にますよ(笑)